未分類

夢みたいな出会い系サイト

投稿日:

ロードレースを走ると、筋肉繊維の細胞レベルでの破壊、ストレスによる血液の破壊などのほか、長期的にみると、高負荷の運動で大量に発生した活性酸素により細胞膜が傷付けられて、有酸素運動を支える、酸素を細胞内へ取り込んでグリコーゲンを分解して、筋肉を収縮するエネルギーを取り出す機能が低下するなども考えられます。

レースの勝負どころでは、無酸素運動優位の、高いレベルの運動強度で頑張ってアタックします。アタックを吸収するための高速走行も、集団走行で空気抵抗を分散しているとしても大きなダメージを発生させます。

ヨーロッパのトップカテゴリーで走る事を目指す若い選手たちは、年齢と実力に合わせてステップアップして行きます。そう言う階段を上るようなレースが用意されています。いまプロで活躍している日本人選手も、そう言うステップをフランスのマルセイユのチームで踏んでいます。

それは、ステップアップする段階で、発展途上の若い選手に無理をさせないシステムです。かといって甘やかしているわけではなく、競争をしっかり勝ち上がってトップカテゴリーに仲間入りするというシステムです。

日本の高校野球のように連日投げさせて、若く出会い系サイトで肉体が出来上がっていない投手の肩を酷使するような事はしません。走行距離やコースレイアウトに無理がなく、その年齢のインターナショナルレースも開催されて、外国選手の力を若い時期に意識する事ができます。

エリートアマチュアに上がってきても、プロカテゴリーの選手と混合レースも開催されて力を試したり、スカウティングされる機会もあります。毎週、最低でも2レース体験できますから、チャレンジングな走りもできますし、目標のレースへ向けてコンディション調整もできます。

シーズンは中3日で回復して走るパターンが身に付きます。ステージレースも、3日とか5日とか、1週間のステージレースも開催されていて、レースを走っては回復させて、また走るというステージレースで戦うパターンも身に付けて行きます。そのカテゴリーで勝ったり、活躍するには、そのレベルでのトップのパフォーマンスが要求されます。

と同時に、ロードレースは個人の力だけで戦えるほど甘くはありません。先頭グループで走る力をつけて、ロードレースでチームはどんな動きをする必要があるのかを、レースを前で見て、自分が勝負に関係する場で動いて体験して、自分が何をすればいいのか、戦術や戦略を身に付けます。

日本のロードレースでトップを走っていたとしても、そういう世界へ飛び込んで、スピード、テクニック、コースを知ること、暗黙のルールの把握、言葉のハンディキャップ、体力回復などに対応できるようになるまで、普通は2~3年かかり、重要な経験を積む時間になります。

-未分類

Copyright© 社会人の恋の見つけ方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.